ハンギングバスケット立体花壇ガーデニング壁面緑化トピアリーのことなら株式会社伊藤商事へ

新着情報 会社案内 施工事例 器材紹介 取扱方法動画 資料 リンク集 問合せ
施工事例へ 器材紹介へ アーバンロックHPへ

FRP製
観賞用擬石 見た目は本物。用途は想像以上。新しいガーデニングスタイルを提案します。

都会の生活の中に溶け込むリアリティ+機能性にこだわった岩

従来、庭石は配置の知識や運搬の技術から庭師、造園業の領域でガーデニングでは、活用されることはありませんでした。

しかし、このITOアーバンロックの開発で、日本庭園的岩石を加え、樹木、草花の組み合わせという新しいガーデニングの 世界が可能となりました。

日本庭園の技術とイングリッシュガーデン・欧米式花壇が融合した 新しいスタイルのオリジナルガーデン。

 

設計者様、施工主様のイメージ通りの庭園が完成します。

FRP製で軽くて強い!

自然石はかなり重量があるため、移動が困難で、レイアウトを少し変更するだけでも大変です。 しかし、アーバンロックはFRPでできているため、とても軽量です。 同じ大きさ、自然石約1トンに対し、約10キロと1/100の重量。 何度でも簡単に微妙な位置変更が出来ます。

 

FRPはFiber Reinforced Plasticの略称で、繊維と樹脂の複合材です。 その特性は、鉄より強く、アルミよりも軽く、そして錆びません。また、耐候性、 耐水性、耐食性、耐薬品性に優れているので、外に設置された場合でも、初期 特性の状態を保持します。

自然石、本来のリアリティ

石には当然、種類や色があるので、一つひとつの石の成分の 特徴をリアルに再現しています。設置後、苔も生えますので、 自然石同様の「趣」が感じられます。

大・中・小、100個以上の豊富な種類で新しいガーデニングの世界

サイズも豊富に取り揃えています。

大小組み合わせることで、イメージ 通りの庭園が実現します。また、植木鉢代わりに花などが栽培できる ポケットタイプもありますので、自然石では植えられない部分に花の植え付けが可能です。

屋外のガーデニングでも色落ちしにくい構造

従来の製作方法は、FRP本体の上に色を塗装していましたが、 ITOアーバンロック製法は、FRPの製作過程で生地に顔料を 練り込んでいるので、色落ちしにくい構造です。

また、日光の直射による色あせなどもほとんどありません。

色々な空間や風景に馴染みやすい、自然な風合いの7カラー

※ITOアーバンロックは全て手作りの為 色合いは若干変わる場合があります。

様々な要所に応える3つのタイプ

施工事例へ 器材紹介へ

ハンギングバスケット | 立体花壇 | アーバンロック | 壁面花壇 | デザインコンテナー | トピアリー